建築物の耐久年数は、その構造や建築方法によって違ってきます。また、一つの建築物でも部分によっても耐久年数は違うでしょうし、補修を必要とする時期も違ってくるでしょう。

一般的な住宅であれば、屋根と外壁の塗装改修といった工事を10年に一度位は行うこともあるかと思いますが、ただ、見た目の汚れや色落ちを気にして塗装改修を行うのであって、外壁診断まで行うというケースは少ないのではないでしょうか。

特に、屋根に関しては傷みが直接、雨漏りなどの形で影響してくることもあるので、早めに対処する傾向にあるようですが、外壁となると屋根ほど傷み具合を気にすることは少ないようです。

ただし、外壁にひび割れを見つけてあわてたことはありませんか。大きな地震の後には、ひび割れが入ったことで、一般の住宅の外壁診断が増えることがありますが、マンションやビルなどの建物の大掛かりな外壁塗装工事の前には、外壁診断を行い、外壁の劣化を把握する必要があります。建物の違いもありますが、建物の外壁の種類によっても、劣化の進み具合が違いますので、見落とすことなくしっかりとした外壁診断を行い、必要な補修をしてください。

よく外壁に使われる素材としては、モルタル壁やタイル壁がありますが、モルタル外壁の場合、手で触れただけでも壁の素材がはがれてくることがあります。また、タイル自体は比較的耐久性がありますが、タイルの目地の劣化やタイルの下のコンクリート地にひびが入ったことで、表面のタイルに亀裂が入ることもあります。

こういった、些細な傷みがやがて、壁の剥離・落下といった事故を招くこともありますので、定期的な外壁診断、あるいは塗装補修の際には、表面だけでなく、見た目ではわからない部分まで外壁診断を行ったうえで補修工事に取り掛かる必要があるでしょう。

非破壊調査SST研究所では、鉄筋コンクリート建物の外壁診断を扱っておりますが、主に九州・関西で実績を伸ばしております。公共施設・ホテル・病院・駅などの外壁診断は、当社にお任せください。

tel