特殊建築物定期調査の報告に外壁全面打診調査が義務付けられるようになって、学校や庁舎、ホテルや病院など、多くの人が集まる建築物では、全面打診調査として認められている赤外線外壁調査を取り入れる建物が増えています。特に建物の外壁としてよく使われているタイル貼りの調査には、この赤外線外壁調査が適しています。

赤外線サーモグラフィは、外壁のコンクリートと、その上に施されているタイルとの隙間を感知します。タイルが浮いていればコンクリートとの間には、かすかな隙間が生じるわけですから、直接太陽の日差しに触れているタイルの熱が、そのわずかな隙間によってコンクリートに伝わりにくくなるため、タイルの温度は高くなります。

逆に、隙間がなければタイルの熱がコンクリートに伝わり、表面の温度が下がることになるでしょう。もちろん、打診と赤外線と長所・短所ありますので、当社では両方を併用した調査方法を取り入れ、これまでも多くの特殊建築物定期調査に関わってきました。

赤外線外壁調査のもっとも大きな利点は、コストかもしれません。打診に比べれば、比較的費用が安く済みます。足場の設置も必要ない場合も多く、工期も短く済みます。そして、もう一つ大きなり利点が、建物への影響がないという点があげられると思います。

打診による調査となれば、亀裂などが広がる恐れもあります。叩くことによって、壁が崩落することもあるかもしれません。つまり作業中の危険も考えなければいけないわけです。その点、赤外線外壁調査は建物に触れるわけではないので、損傷を広げる心配がありません。

当社では、これまで、タイルの浮きによる懸念から赤外線外壁調査を行い、劣化診断を行うこともありましたが、全く外観からはわからない建物の損傷を赤外線外壁調査により発見したこともあります。

赤外線外壁調査には、気象条件がかかわってくるという課題もありますが、あらゆる面で考えても、全面打診調査の一環として優れた方法ではないかと思います。これまでの実績からも、赤外線外壁調査をぜひお勧めしたいと思います。

赤外線外壁調査のご依頼は、非破壊調査SST研究所にお任せください。

tel